マムート MAMMUT

マムートは、創業当時、農業用のロープを主に取り扱っていたが、1920年代に麻を使ったクライミング用のスタティックロープを製造、以降、初の登山用化学繊維製ロープを始めとするスポーツ向けのさまざまなロープ・ネット類などを製造開発を行っている。70年代以降はウェア・シュラフ・テントなどを次々に発表し、当時まだ未知の素材であったGORE-TEX®などの新しい素材を積極的に採用。ロープ製造で培われた技術と歴史を背景に、マムートは総合アウトドアブランドとして現在も発展を続けている。

表示方法: 写真のみ一覧説明付き一覧

6